新着記事

青梅駅舎開業88周年記念

お出かけ

レトロ駅舎内覧会など 特別イベント

10月13日(土)、青梅駅で 記念弁当を販売

大正13年12月に開業した青梅駅(並木幾三郎さん撮影)

「青梅駅舎開業88周年」を記念した特別イベントが13日、JR青梅線青梅駅(西野入輝昭第34代目駅長)で実施される。青梅駅とJR東日本八王子支社が主催する。同イベントに合わせて13、14の両日には青梅鉄道公園開園50周年記念行事と、青梅本町商店街による「駅舎開業88周年記念ワゴンセール」も開催される。

 88周年記念入場券、(台紙付き1セット450円)、同記念弁当(800円)を限定販売する。また10時〜青梅駅舎の内覧を実施。大正13年( 1 9 2 4年)12月に開業した青梅駅の旧地下商店街跡をはじめ、現在の駅長室、動く鉄道模型ジオラマや懐かしの鉄道グッズ満載の3F会議室見学、構内全体を見渡せる駅屋上見学という鉄道ファンにとって千歳一遇の機会といえる。

青梅鉄道公園開園50周年記念行事では前面行き先板を特別に付け替えて記念撮影をする。記念ワゴンセールでは駅前の小峰時計店で鉄道グッズの限定販売を行う。

西野入青梅駅長は「みなさんに愛されて88 年を迎えました。この記念イベントをきっかけにさらに青梅駅に足を運んでもらって青梅全体の活性化に繋がるよう願います」と話した。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.