新着記事

名店「いつ樹」が年に1度の味を提供

グルメ

地元食材で作った「中華そば 青梅豚リッチ」

いい肉の日 11月29日限定

同店のこだわり詰まった至極の一杯

数多くのメディアに取り上げられる「らーめん・つけめん いつ樹」(青梅市新町、電話0428̶34̶9144)は11月29日、年に一度の限定ラーメンを販売。今年は青梅産の食材をふんだんに使用した「中華そば青梅豚リッチ」を提供する。

千代田区、渋谷区、新宿区などにラーメン店「五ノ神製作所」を展開する同店は、各地のラーメン通や著名人も、青梅市総本店の味を楽しみに訪れる人気店だ。毎年11月29日を「いい肉の日」として、限定らーめんを提供している。

今年は「青梅産純度を限りなく高めた一杯」。青梅産の小麦を使った自家製麺は、プリっとした食感とコシを出すため、青梅産の卵を混ぜ込み、風味を保つために、湯で時間を最短でできる様、工夫を重ねた。スープには良質な脂を持った青梅豚と青梅産の野菜を使い、タレに100%青梅産の丸大豆で製造された醤油を、生醤油のまま、加熱した醤油と味わいを分けて投入していく。豚の香りと醤油の香りが絶妙にマッチしたスープを作り上げた。

青梅豚のチャーシューが丼いっぱい埋め尽くし一見、重そうなイメージだが、良質な脂のため麺がするりと喉を通り、食欲を刺激する香りで思わず箸が進む。価格は1000円程度を予定。営業時間は11時〜。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.