新着記事

散策レポート:春の野川と周辺の自然・歴史めぐり【街プレ倶楽部 街歩き心の風景】

お出かけ

「西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅」の新規コース第2弾は「春の野川と周辺の自然・歴史めぐり」。4月5日・6日の両日に開催した。本年、桜の開花が遅かったものの、直前の暖かさで、野川のソメイヨシノは見頃時期が丁度始まったところ。野川に到着するや否や、参加者からは口々に「わあ、綺麗!」との歓声が挙がった。湧水の清らかな流れ、両岸に続く桜、川辺に続く芝地の遊歩道、川に遊ぶ子供や幼児。「絵のような風景!」「子供を育てるのに最適な場所」との感想も聞こえた。
国分寺崖線は湧水、遺跡、緑豊かな敷地を持つ旧家、特徴的な坂道が点在する場所。小金井や貫井の地名発祥と伝わる場所や、町名として残る新田開発を進めた旧家に関係深い場所も巡った。
参加者からは、「小金井にこういう場所があるのを初めて知った」「小金井に対するイメージが変わった」などの声が聞こえた。新たな発見を楽しんだ一日となったようだ。

貫井神社

 

野川

 

野川

 

武蔵野公園から見る運転免許試験所

 

美術の森

 

はけの小路

 

春の野川散策コース

 

西多摩と周辺の自然と歴史を巡る旅

春の野川と周辺の自然・歴史めぐり(小金井市・府中市)

小金井の地名は「黄金に値する豊かな水が湧く」ことに由来すると言われる。国分寺崖線からの湧水が点在し、それを集めたナがれっが野川である。野川は、玉川上水・小金井公園と並ぶ櫻の名所。小金井、府中両市を跨ぐ武蔵野公園は種類が多く、長く櫻を楽しめる場所。

 

スタート JR武蔵小金井駅

・滄浪泉園(そうろうせんえん) 門標文字はこの庭園の名付け親・犬養毅の筆。

・貫井神社 都内に湧く豊かな水と湧水池

・野川の桜並木 桜並木が続く野川。遅めに咲く枝垂れ桜には心を奪われる。

マイクロバスで移動

・武蔵野公園 種類が多く、長く桜が多く、長く桜が楽しめる

ランチは公園・野川に臨む北海道特製料理「コタン」で 特製ミニ会席

・武蔵野公園(野川付近) 長閑な野川に沿った土手の桜

マイクロバスで移動

・美術の森 湧水 小説「武蔵野美人」の舞台モデル

・ハケの小路 湧水に沿った雰囲気のある小径

・小金井神社 鎌倉初期創建の神社

・小金井小次郎の墓 山岡鉄舟の筆

・黄金の水・六地蔵 地名の由来を再現

ゴール JR武蔵小金井駅

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.