新着記事

昭島に新たな公園「モリパーク緑の広場」

お出かけ

オープニングイベントでハロウィン企画

イスやテーブルなど設置され、ウッドチップが敷き詰められた園内

昭島駅北口一体を「水と緑に恵まれた都市型リゾートエリア」を包括する「Tokyo Akishima MO R I P A R K( 東京・昭島 モリパーク)」として4月にリブランディングし、事業を進める昭和飛行機都市開発(昭島市田中町)が10月23日、フォレスト・イン昭和館向かいの敷地に新たな公園「モリパーク緑の広場」をオープンした。

同社はこれまでショッピングセンターやアウトドア専門施設、リゾートホテル、テニス・ゴルフ場などを展開。今年から遊休地であった区画で、西多摩事業者と連携したキャンプ場を開設するなど、将来の魅力的な昭島エリアを構想し、様々な事業を積極的に進めている。

今回の公園整備事業もその1つだ。地域連携を促進するため公園は市と同社で分割し、管理は同社が一括して行っていく。広場はモリパーク内の間伐材を利用し丸太のトレイルレーンやテーブルを配置したほか、全面にウッドチップも敷き詰め環境にも配慮。全長20㍍のジップスライダー(ターザンロープ)が設置し子どもから大人まで楽しめるようにした。

オープニングイベントとして10月23日・24日、同所ではキッチンカーや屋台が並び、ハロウィンのディスプレイの装飾。ハロウィンのAR、ハロウィングッズの配布(小学生以下)などが行われた。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.