新着記事

奥多摩からマナーアップ啓発事業がスタート

SDGs 地域

「#KEEPBLUE+GREEN National Park」

 奥多摩町で地域貢献を担う有志の住民による、官民協働のまちづくりプロジェクト「奥多摩町まちづくり委員会」は6月6日からマナーアップ啓発事業をスタートさせた。

同委員会は住民が自ら考え、実践するまちづくり活動を支援し、「笑顔あふれる住みよいまち」を実現するために設置。奥多摩町まちづくり推進事業の審査や支援や、今回の啓発事業を始めとする委員会事業などを進めている。

今回のマナーアップ啓発事業はコロナ禍の自粛期間中、多くの観光客が奥多摩を訪れたが、河原でのバーベキューゴミをはじめ、多くの場所で様々な問題が起きた。同委員会では、国立公園にも属する豊かな自然環境を次世代に受け継ぐために、「自然の中での振舞いを一度立ち止まって考えてもらいたい」という願いから、同事業を企画。「考えて、守ろう。緑と青の国立公園#KEEP BLUE+GREEN National Park」をコンセプトに、ステッカーを制作した。

同事業に賛同、協力する公的機関や事業所などでポスターを掲示し、環境へ配慮する来訪者や事業者などにステッカーの配布を実施していく。ポスターはWEBサイトからデータのダウンロードも可能。SNSでの「#KeepBlueGreenNationalPark」の情報発信協力も呼び掛けていく。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.