新着記事

シャッター通りに したくない

グルメ

五日市 有志18人で居酒屋

「食べて、飲める店です」と宮﨑店長

あきる野市五日市に呑み食い処・呑亭がオープンした。製麺所・寿美屋内にあった、喫茶店ファンタジーを改装した。地元の有志が出資し、運営する。新たなふれあいスポットが誕生した。

28年続いたファンタジーは、6月に閉店した。活気をなくす商店街からまた1軒、店の灯が消えることを知った、㈲タカノ(同市)の沖倉昭夫さん、土屋土建(檜原村)の土屋大造さんは「このままでは五日市がシャッター通りになってしまう、自分たちで地元の人が集まれるところを作ろう」と声をかけた。五日市地区や檜原村の有志18人が集まり、㈱居酒屋呑亭を立ち上げ、社長には宮﨑貴さんが就任した。

飲食業には全くの素人集団だが、メンバーに大工、内装、電気屋などがいて、店内の改装もなんなく終えた。店長には長年、飲食店に勤めてきた宮﨑裕志さん(39) に決まった。宮﨑さんは「商店街の活性化にはまず、開いている店がなくては。腕をふるって料理し、喜んでもらえる店にしたい」と抱負。

生ビール、日本酒、ワインがそろい、焼酎は熊本の蔵元でオリジナルボトルをつくった。つまみは唐揚げ、鉄板メニューなど500円前後で20種ほど。締めのパスタ、ラーメンもある。発起人の1人、松村博文さんは「これまで会合などの後に寄れる店が近くになかった。グループや宴会などでも利用して欲しい」と話している。

午後5時〜深夜0時(ドリンクのラストオーダーは11時30分)。電話042(596)1815へ。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.