新着記事

「福生まれTシャツ」

地域

地元ブロガーが製作、新名物に

福生市の情報発信ブログ「限りなくアメリカに近い福生」の管理人が8月から販売を始めたご当地T シャツ「福生まれTシャツ」が話題を呼んでいる。

随所にこだわった福生まれTシャツ

管理者の「UNDER HEAD(アンダーヘッド)」の2人は7年間にわたり、福生をブログで紹介。ユーモアあふれるリポートが話題を呼び昨年、同市から感謝状も贈られた。

「ブログが福生をPRするためのデジタルツールだとすれば、福生を面白おかしくPRできるアナログツールを」と2人はご当地Tシャツを企画。「R25」や「B r u t us」などを手掛ける人気イラストレーターの浦野周平さんや地元企業などが賛同し完成した。

Tシャツには、福生の米軍ハウスの庭でバーベキューを楽しむ3人が描かれている。3人は福生に暮らす幼なじみという設定。車のナンバーの「2 9 96」も「福来る」「不苦労」など、「Tシャツを着る人に少しでも福が生まれるように」と随所に思いを込めた。

「イベント時やお土産として人気のご当地Tシャツは普段着として着られない作りやデザインがほとんど。福生まれTシャツは普段着としても着られるように、さりげない地名PRやシルエット、生地感にもこだわった」と2人。発売2週間で200枚が売れ、テレビ番組「アド街ック天国」でも福生の新名物として紹介された。

価格は3990円。セレクトショップ「Fussa General Store」(福生市牛浜、TEL042―513―4252)とインターネット(http://fukuumare.com/)で購入できる。Tシャツにはかつて「縁起が良い」としてブームを呼んだ、福生の名前入り電車の切符もリメークで、おまけに付く。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.