新着記事

サクラ、チューリップ、水を次世代へ

グルメ

羽村で新プロジェクト始動

羽村市商工会商業部が主催

羽村市商工会商業部はこのほど、「はむら花と水のプロジェクト」を始動した。

同市では春、多摩川や玉川上水沿いに植えられた約500本のサクラや、市内唯一の水田・根がらみ前水田の農閉期を利用し植えられる36万球のチューリップが色鮮やかに咲く。この開花時期に合わせ毎年3月〜5月に「はむら花と水のまつり」を開催し、多くの来場者でにぎわう。

同部では、こうしたまちの観光資源や、その元になる豊かな水を次世代に引き継いでいくため同プロジェクトを始動。第1 弾として、サクラの塩漬けと、チューリップの押し花の生産をはじめ、賛同する会員事業者への販売を進めていく。売り上げはサクラを増やす費用などに充てる。

価格は、同プロジェクトのロゴが印刷されたシール(30枚500円)、シールとチューリップの押し花セット、シールと桜の塩漬けセット(それぞれ1000円を予定)。問い合わせは同商工会042(555)6211まで。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.