新着記事

100%青梅産大豆を使ったしょうゆ

グルメ

青梅の農家が販売開始

100%青梅産地大豆を使ったしょうゆの販売が、JA西東京のかすみ直売センター(青梅市新町)と吉野グリーンセンター(青梅市梅郷)で始まった。しょうゆは青梅市木野下の福岡広幸さん(51)が製造したもの。

直売センターで販売を始めたしょうゆを持つ福岡さん

福岡さんはこれまでにも自作の農産物を使い、「たまねぎドレッシング」「りんごとにんじんのミックスジュース」などを商品化。農業や水産業などの1次産業が食品加工や流通販売にも乗り出し業務を展開する6次産業に積極的に取り組んできた。

福岡さんは多種の農産物を手掛け、大豆も年間約600㌔生産してきたが、これまでは青梅産の大豆として都内の納豆製造会社や豆腐会社に納入してきた。農業関係の新聞記事で個人のしょうゆ製造を請け負っている千葉県の会社を知り交渉したところ、最小でも大豆200㌔をそろえることを条件に製造を引き受けてくれたという。

昨年2月に仕込み、手間暇かけて熟成。3月に搾り作業を行い約700㍑のしょうゆができた。しょうゆは完全無調整。青梅産地大豆使用のほう醸造のしょうゆ(200㍉㍑びん詰め450円)、ぽん酢(同500円)、卵かけしょうゆ(同480円)の3種類を商品化。風味豊かな濃い味で、かつておのおのの家で作られていたしょうゆの味がするという。

福岡さんは「東京でとれた大豆だけで作られたしょうゆは初めてのことだと聞いた。地域の農業を元気にするために今後も試行錯誤で頑張りたい」と意欲を見せる。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.