新着記事

青梅の京セラオプテックで 地元一丸の夏まつり

イベント

賛同する地元事業者が地元産グルメなど出店協力

京セラオプテック(青梅市小曾木)は8月8日、同社敷地内を会場に地元地域の商工業者が協力し「夏まつり」を開催した。

京セラグループである同社は、同グループの経営哲学である「京セラフィロソフィ」に基づき、地元市民や事業者への日頃の感謝を込め毎年、同祭を企画してきた。

 

京セラフィロソフィとは「人間として何が正しいのか」、「人間は何のために生きるのか」という根本的な問いに向かい合い、様々な困難を乗り越える中で生み出された仕事や人生の指針であり、同グループを今日まで発展させきて経営哲学として広く知られるもの。趣旨に賛同する地元企業も同祭で毎年、出店協力し逸品グルメを販売してきた。

当日は同社全社員一丸となって、地元事業者らと共に来場者をもてなし、青梅市のゆるキャラ「ウメ丸」も参加し会場を盛り上げた。ステージでは青梅市立第6中学校の吹奏楽部による生演奏や、アクロバティックマジックショー、唄とダンスのバラエティーショーなどが披露され、「○×クイズ大会」や「お楽しみ抽選会」なども行われた。

 

 

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.