新着記事

青梅産の新鮮野菜、卵が材料 「畑のシフォンケーキ」を販売

グルメ

ふんわりで体に優しい味

青梅市新町の植木生産農家、榎戸園(榎戸茂之代表)は先月から「畑のシフォンケーキ」の販売を始めた。青梅産の採れたて野菜や果実と、小曽木の川鍋養鶏場の新鮮卵で作る手づくりケーキは「ふんわりで、体に優しい味」と評判だ。

「畑のシフォンケーキ」はJAかすみ直売センターで求められる。榎戸代表の妻の芳さん(43)が丁寧にまごころ込めて作っている。子育てがひと段落。農産加工に興味を持ち、西多摩農業改良普及センター職員からアドバイスを受け、地域食材を使ったシフォンケーキを作ることにした。

 

 

小松菜シフォンケーキ(250円)は淡い緑色がきれいで、子どもも抵抗なく食べられる。トウモロコシシフォンケーキ(同)はシャキシャキの触感が良い。カボチャシフォンケーキ(240円)は優しい甘さが楽しめる。

卵の力だけで膨らんだフワフワ感が最大の特徴。次はホウレンソウ、ブルーベリー、ハーブなどを使ったケーキを思案中という。

「昼は畑。夜2 時間ほど掛けてケーキを作っています。今の生活リズムに慣れ、余裕ができたらプリンなども作ってみたい」と芳さんの希望は広がる。

「畑のシフォンケーキ」はJR青梅駅前のつぶあんカフェでも味わえる。

 

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.