新着記事

全国のファンから注目される「アウトドアの聖地」にスピードクライミング専用ウォールが、ついに誕生

お出かけ

オープン後、その知名度は全国に広がり続ける昭島市の「モリパーク アウトドアヴィレッジ」。都心部や埼玉、神奈川、山梨からの来場はもちろん、会員は全国44都道府県にいる。日本国内では他に類を見ない規模のアウトドア専門施設は、春から様々なイベントも企画される。

海外トップクラス選手のエキシビションイベントを開催

総敷地面積は6500坪。新緑美しい木々や芝生が植えられ、ゆったりした時間が流れる。そんな敷地内にはアウトドアトップブランドの直営店15店舗を中心に、飲食店やクライミングのジムなども併設。中でも同施設のシンボルともなっている高さ16・5㍍のクライミングウォールは、国際大会も行える規準となっており、プレイヤーはもちろん、見学客など多くのファンが訪れる。

さらに4月、新たに高さ15㍍の「スピードクライミング専用ウォール」が登場。これにより2020年の東京オリンピック追加種目にもなったスポーツクライミングの「ボルダリング・リード・スピード」の3種目が体験できるようになり、国内でも他には類をみないエリアとなる。

国内ではまだあまり知られていない「スピードクライミング」競技だが、選手たちは15㍍の高さを二人で速さを競う。世界記録は5秒台という。見ているだけでも、その迫力を体験でき、海外では人気の高い種目だ。同施設は4月16日、オープン記念イベントとして「SPEED STARS〜Speed Climing Cup 2 0 1 7〜」を開催し世界トップクラスの海外選手を招いたエキシビションマッチを行う。ぜひこの機会に、スピードクライミングの魅力を一度、体感してみてはいかがだろう。

富士山の次に人気の「奥多摩10座」山頂を巡るスタンプラリーも開催

スタンプラリー感覚で山の登頂記録をつけることができるスマホアプリ「ヤマスタ」。登山・ハイキング愛好家に富士山に次いで人気があるのが、多くの登山コースを持つ「奥多摩10座」だ。

開業以来、地元・西多摩の「奥多摩10座」の魅力を伝えてきた同施設は、3月〜12月に「奥多摩10座チャレンジ」キャンペーンを実施。

「ヤマスタ」はGPS機能を活用し、百名山や奥多摩10座でアプリを起動すると、頂上でスタンプが付与されるアプリだが、今回のキャンペーン期間中に奥多摩10座すべての山でスタンプを集めると、オリジナルのピンズがプレゼントされる。同じく全国からも人気の、奥多摩エリアの山々。ぜひ挑戦してみてほしい。アプリは「AppStore」か「Google play」で「ヤマスタ」で検索。

まずはボルダリングから。特別キャンペーンも実施

施設内のアウトドアショップでは、春の新作が続々登場。年齢、性別問わず、ハイキングから本格的なアウトドアまで、様々なシーンで活躍する最新のアウトドアファッションが、ずらりと並ぶ。

また幅広い層から人気のクライミングジム&ヨガスタジオ「PLAY」でも4月30日まで、春の入会キャンペーン「この春、PLAYではじめての一歩をふみだそう!」を実施。期間中に新規で月額会員に入会すると、ヨガ・ボルダリング通常1ヶ月8970円のところ、0円で楽しめる。

他にもプロインストラクターが丁寧にサポートしてくれる、会員向け「アウトドアツアー」も随時企画しており、初心者でも気軽に参加することができる。

老若男女、いつ足を運んでも五感で楽しめるモリパークアウトドアビレッジ。春の行楽シーズンを前に、ぜひ足を運んでみてはいかが?

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.