新着記事

人気の「新年の藍染御朱印帖」が完成

お出かけ

コロナ感染防止対策として取り置き予約も実施

青梅七福神

新年の藍染御朱印帖

青梅七福神の7つのお寺で、2021年元日から「新年の藍染御朱印帖」の取り扱いがはじまる。

青梅七福神は1980(昭和55)年元日にはじまり、青梅駅を中心に徒歩でも1日で参拝できる景観の良い古刹(こさつ)によって構成されている。「青梅を知るきっかけ、訪れるきっかけになれば」と、毎年の新春初詣と夏のシーズンに取り扱いをするオリジナルの「藍染御朱印帖」。毎回すぐに品切れになるほど人気の御朱印帖も4作目となり、今回も市内の藍染工房「壺草苑」の協力を得て、表紙に短冊を配置するなど、仕様を変更し完成した。

今年は新型コロナウィルス感染症感染防止対策として三が日の混雑緩和や、「遠方の方にも手にとってほしい」という思いも込め、青梅七福神めぐりのホームページで事前の取り置き受付を、今回初めて実施する。受付期間は12月17日〜12月30日まで。取り置きのみで、発送はしない。

御朱印帖は2021年元旦より各寺で取り扱いを開始。1冊2200円。サイズは12㌢×18㌢の大判。蛇腹製本綴じ。48ページとなる。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.