新着記事

4月12日オープンもえぎの湯がリニューアル

4月12日オープンもえぎの湯がリニューアル

浴場が明るく快適に

昨年11月27日から施設改修工事により長期休館していた「もえぎの湯」(奥多摩町氷川)が4月12日、リニューアルオープンする。奥多摩観光や登山の拠点、憩いの場として新たな船出となる。

もえぎの湯は1998(平成10) 年7月に開業。古生層から湧き出たメタほう酸、ふっ素を含むかけ流し温泉で、肌をすべすべにし、神経痛、筋肉痛、関節痛などに良いという。内湯のほか、露天風呂があり、湯船から望む多摩川の清流と山なみが自慢で、行楽客や登山客など年間10万人が利用する。

昨年開館25周年を迎え、施設の老朽化が目立っていたことから、開湯以来の大規模工事に踏み切った。主に浴槽、洗い場など浴場と脱衣所を改修。洗い場には石材で仕切りを設けるなど高級感を出した。明るめの茶系で統一され、清潔感のある快適な空間になった。

今回は第1期工事となり、玄関や外観、館内施設などを改装する第2期工事を12月〜来年3月に予定する。

運営する奥多摩総合開発の神尾成俊事業部長は「もえぎの湯は25周年を迎え、280万人に利用され、奥多摩観光の拠点になっている。気持ちの良い風呂を多くの人に楽しんでほしい」と利用を呼び掛けている。

先着1万人にオリジナルタオル

リニューアルオープン記念でオリジナルタオルを先着1万人にプレゼントする。

利用料金は大人950円(税込)、小学生550円(同)。開館時間は10時〜20時、受付は19時まで。月曜休館。問い合わせは0428‐82‐7770まで。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.