新着記事

青木代表をクローズアップ

農業

東京チェンソーズの本 真っすぐな生き方に共感

檜原村を拠点に活動する林業会社㈱東京チェンソーズ(青木亮輔代表)の本が、このほど全国学校図書館協議会選定図書に選ばれた。インターネットの書評サイトでも好評で、「働く人のモチベーションアップに効く」「独立を考える人の背中を押してくれる」などといった感想が寄せられている。

本のタイトルは『今日も森にいます。東京チェンソーズ』(徳間書店)。代表の青木さん(34)のこれまでの人生や現在の暮らしぶりに焦点をあて、都会の若者が林業を仕事に選んだいきさつや仕事のやりがい、田舎暮らしの楽しみなどが紹介されている。

青木さんは東京農大の林学科を卒業後、都内の出版社で営業マンを経験。一生の仕事をと考えたとき、もっと自分の存在意義を示せる職に就きたいと思い直し、若い働き手の少ない林業の世界に飛び込んだ。

東京都の緊急雇用対策で森林組合の職員に。半年の契約だったが、大学の探検部で養った体力をアピールし、正職員になった。5 年間勤めたあと独立。06年に仲間3人と東京チェンソーズを立ち上げた。

今年はじめに株式化し、従業員を4人抱えて仕事に本腰を入れる一方で、「林業を子どもがあこがれる職業にしたい」と青木さんは言う。山や木に関心をもってもらうきっかけになればと都民の森などで年に数回、ツリークライミング教室を開催。木の魅力を伝える活動にも力を入れる。

本書では、めざすものに向かって一直線に突き進む青木さんの真っすぐな生き方が紹介され、共感を呼んでいる。単行本231頁。1470円(税込)。近くの書店で求められる。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.