新着記事

農のある暮らしづくり  稲作体験の募集を開始

農業

新米の試食も

あきる野市6次産業化ネットワーク活動推進委員会(森田康大代表)は、市内の農園で第2弾となる「稲作体験」を実施する。

農家さんが優しく指導してくれる

同会が「都市型農業に親しみを」と昨年より企画した農業体験は、農林水産省の「農」のある暮らしづくり交付事業の一つとして年間を通じ実施されるもの。今年4月より、トウモロコシ種まき・収穫を皮切りに募集を開始。

田植えの時期に合わせ第2弾となる「稲作体験」の募集も開始した。

稲作体験は市内農家指導の下、4畝程度の田園を使い行われる。

6月7日に田植えを行った後、10月上旬頃、稲刈りから天日乾燥(ハゼ掛け)、脱穀を行う。

 

 

 

11月上旬には国の登録有形文化財に指定される市内農家の自宅で、自分たちで収穫した新米を釜でたき、試食まで行う。

田園風景が今も残る西多摩ならではの体験企画。夫婦、友達、家族で参加してみてはいかがだろう?

 

 

 

 

 

 

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.