新着記事

西多摩育ちのイチゴ間もなく収穫期

農業

「紅ほっぺ」や「章姫」あきる野市の中村さんの ハウス大玉の「あすかルビー」 青梅市の大東農場

 

西多摩育ちのイチゴが間もなく収穫時期を迎える。青梅市今井の影山正弘さん(37)の大東農場では「あすかルビー」が、あきる野市伊奈の中村明雄さん(37) のハウスでは「紅ほっぺ」、「章姫」などが真っ赤に熟れるのを待っている。

■2棟で計500坪の広さを持つ影山さんのハウスでは高設水耕栽培で、約1万本の自家苗のイチゴが元気に育つ。「あすかルビー」は11年前に奈良県の試験場で品種登録された。大玉で朱色がかった赤色が特徴。甘味と酸味のバランスが良くとてもジューシーだ。年末〜お正月には最盛期を迎える。 イチゴ栽培に挑戦して今年で8年目。丹精を込め、品質の良い大粒のイチゴをコンスタントに収穫できるようになった。 その場でもいでパック詰めしてくれる直売は年初から日曜と水曜に行う。午前9時〜その日の分が無くなるまで。土曜、日曜はかすみ直売センターに出荷する。問い合わせは090(4910)1430影山さんへ。

■中村さんのハウスで育つ「紅ほっぺ」は、大粒で甘酸っぱく、トロピカルフルーツのような味がする。「章姫」はなめらかな食感が好まれる。ほかに「おおきみ」「やよいひめ」などを栽培する。 夜間気温が5℃を下回るまで暖房をつけず、低温でイチゴを育てる。そうするとイチゴの実が硬くしまり、味がのるという。ハウスでの直売を主体としているので、ぎりぎりまで熟させるから甘さがひときわのる。五日市や日の出、瀬音の湯の直売所で求められる。問い合わせは0 4 2( 5 9 6 ) 28 0 5 中村さんへ。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.