新着記事

「映画・音楽・トークイベント」

イベント

スローな非日常空間・石川酒造で開催 素材としての福生を語る 酒造でブルースコンサート開催

 

福生は市3月24日、同市熊川の石川酒造でトークイベント「表現すること・伝えること」を開く。福生はアーティストやクリエーターなどクリエイティブな人たちが集まる街、これをPRしていこうと企画した。福生を作品の素材に選んだ経験を持つ劇作家の鈴木聡さん、映画監督の山内ケンジさんを招き、同市の加藤育男市長が語り合う。

鈴木さんは、広告代理店入社後、コピーライターとして活躍。劇団を旗揚げし劇作家としても活動してきた。昨年、公開したミュージカル「ア・ソング・フォー・ユー」は、70年代の福生を舞台に、歌に青春を捧げる若者たちをカーペンターズの曲と共に描いた。

山内さんは、映像制作会社で数々のCM制作にかかわり、「ソフトバンクモバイル/白戸家」シリーズなどのヒットCMを生んできた。初監督作品となる「ミツコ感覚」は、ほぼ全編福生で撮影され、東京郊外に住む姉妹を取り巻くおかしな日常を描いた。

第一部では映画「ミツコ感覚」(初音映莉子主演)の上映会を行い、第二部でトークセッションを実施。素材としての福生などについて語る。同市は「このイベントを通じ映像や舞台文化に興味のある市外の人に福生に来てもらいたい」と話している。

参加は無料。先着100人。申し込みは電話とメールで受け付ける。詳細はホームページ。問い合わせは同市シティセールス推進課産業活性化グループ042(551)1699まで。メールの場合はfussacs@gmail.comまで。

石川酒造㈱は3月25日、同酒造新蔵でブルースコンサート「ITBB with ケン吉岡」を開催する。

ITBBは同酒造代表であり、ブルースハーモニカ奏者でもある石川太郎さんとプロのミュージシャンたちによるブルースバンド。ドラムにチッコ相馬さん、ギターにハリー中野さん、ベースに大西真さんが入り演奏を披露する。

今回は、カナダ・トロントを拠点にジュリアン・ファウスなど有名ミュージシャンのサイドマンも任されるブルースハーモニカ奏者のケン吉岡さんも参加。アドリブ満載の魅力あふれるセッションが行われる。

時間は午後2時30分〜。入場料は2500円。チケットは事前予約の場合、メール(tarojapan@tamajiman.co.jp)で氏名、予約枚数を送信。予約証が返信され、印刷し受付に提示すれば代引で購入できる。直接購入の場合は同酒造にて。問い合わせは同酒造0 4 2(553)0100まで。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.