新着記事

ASA街プレ企画 福生逸品特集

お出かけ

食の待、福生を食べ歩く

西多摩きっての飲食店数を誇る福生。全国、そして海外へと展開した大手飲食企業も

多数生まれた。多様な国の人が暮らすこの街には、今も世界に通じる味がある。

 

福生のポータルサイト・「fussa Style」 http://www.fussastyle.jp/

福生のお店情報     福生 F の店」 http://fussa.co.jp/

 

本場中華料理洪 記

本場中国の料理人が腕をふるう多彩なメニュー

今年10月に新たに開店した同店。中国のレストランで16年修行した料理人たちが腕を振るう。

四川料理、台湾料理など多彩なメニューが並び、日替わりランチ550円、餃子200円とリーズナブルに提供する。宴会は飲み放題2時間付きで3,000円~。80人まで受けられる。

住所:福生市加美平2-1-8 ☎042-553-183

営業時間:11:30~14:30/17:00~23:00

定休:年中無休

P: 4台

有効期限:平成24年12月26日

カレーハウス アリババ

深いコクと甘みの「とろとろカレー」が通の間で話題に

10数種の野菜をスパイスで、3日かけて作られるコク深い甘みのある、とろとろのカレー(880円~)。チーズや野菜、ベーコンエッグなどトッピングも多数あり、辛さの調整も10 段階選べる。冬季限定「スープカレー」(980円)や、常連の間で人気の「自家製かぼちゃプリン」は食後のクセになる逸品!貸切パーティーも受け付ける。

住所:福生市武蔵野台1-3-9 ☎042-551-9626

営業時間:平日11:00~14:30(土日~15:00)/17:30~22:00

定休:平日11:00~14:30(土日~15:00)/17:30~22:00

P: 2台

有効期限:平成24年12月26日

パン工房プリマベーラ

「小麦」本来の甘みを生かした、ふんわりパン

シンプルなパンからお惣菜パンなど豊富な種類を揃える同店だが、どのパンも一度噛むと、小麦本来の甘みがふわっと口に広がっていく。「ここのパンを食べたら、他のが食べられなくなった」という声も多数聞こえる。人気の食ぱんは、しっとりとした味わい。福生名物「福生ドッグ」もオリジナルで販売し、こだわりの自家製のソースや具材とのハーモニーが絶妙にからみあい、虜になる味わい

住所:福生市南田園1-14-3  ☎042-551-9477

営業時間:7:30~20:00(年末年始1/1~1/3休み

定休:日曜

P: 1台

炭火串焼きと旬の魚くら蔵

1本10 0円の世界に注ぐ情熱

言わずと知れた、串焼きの名店。

1本10 0円の世界で勝負し続け、塩、タレ、みそ、そして食材、すべてに徹底してこだわる。“1つ1つ

をただ丁寧に作り続ける”オーナーの夢は「1本10 0円のくら蔵の串焼きを世界中の人に食べてもらいたい!」。

住所:福生市加美平1-13-11 ☎042-530-0008

営業時間:16:00~1:00(日・祝日~23:00)

定休:木曜(年末年始12/31~1/2休み)

P: 4台

福生的中華食堂 50

中華の鉄人、最後の弟子が作り出す絶品中華!

本格中華の先駆けとも言われる「大東京飯店」。同店立ち上げのコック長でもある呂克洪さん最後の弟子がこの店のオーナー。創業当時より作り置きは一切せず、独自の流通で仕入れた他店にない新鮮な素材

を、注文を受けて1から調理にかかる。エビ油、ゴマの風味がたまらない「坦々麺(84 0円)」や、素材、調理に手間隙かけた「レバニラ炒め(735円)」。この店のファンは数知れない。

住所:福生市東町2-1五十番ビル4F ☎042-551-4362

営業時間:11:00~23:00(L.O 22:30)

定休:隔週木曜(年末年始12/31~1/2休み)

P:有り

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.