新着記事

お正月は七福神を巡る

お出かけ

青梅七福神

 新春に多摩青梅七福神を巡ってみよう。JR青梅駅を発着に6時間ほどの行程だ。まずはレトロな街中を5分ほど歩いて延命寺へ。商売繁盛と子孫愛育の大黒天にお参り。境内には「呑龍さま」で親しまれる呑龍上人のお堂があり、毎月8日の縁日は参詣者でにぎわう。

開運厄除、学業成就の毘沙門天を奉る宗建寺は延命寺の隣にある。境内には義賊として有名な裏宿七兵衛のお墓もある。

千ヶ瀬バイパスを東へ進み、多摩川を渡ると福徳財宝、家内和合にご利益がある弁財天を奉る玉泉寺に着く。本堂には青梅市在住の水墨画家、白浪氏の作品が飾られ、その襖絵は一見の価値あり。

次いで徐災厄除、商売繁盛の恵比寿天が迎えてくれる清宝院へ。本尊は成田山新勝寺に由来し、古くから大柳不動尊として信仰を集めてきたという。

吉野街道を西へ。清宝院から15分ほどで畑中に。知恵、福徳の布袋尊を奉る地蔵院が迎えてくれる。布袋堂を参拝したら市天然記念物の宝珠梅を見学するといい。樹齢200年の老木に癒される。

吉野街道から和田橋を通って多摩川を渡り、40分で福禄寿を奉る明白院に着く。山門のしだれ梅は早咲きで知られ、青梅マラソンのランナーに親しまれている。

締めくくりは長寿、富貴の寿老人を奉る聞修院。明白院からは1時間近い道のりで、黒沢の里へ。山寺の風情を醸す聞修院は心身を優しく包んでくれる。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.