新着記事

食の祭典「大多摩B級グルメ」に3万人

「だんべぇ汁」がグランプリに カレー部門は、青梅市の「濃厚ブラックカレー焼きそば」

この日、西多摩を代表するB級グルメが集結した

 「第2回多摩げた食の祭典・大多摩B級グルメ」が5月25日・26日、東京サマーランドファミリーパーク(あきる野市上代継)で開催され、両日合わせて延べ3万人の来場者でにぎわった。主催は大多摩観光連盟。

同連盟が多摩地域で今年開催される国体を前に、食と観光を全国に発信することを目的に企画した。加盟する4市3町3村から創作メニュー19品、新たに新設されたカレー部門に11品が集まった。

来場者はB級グルメのオーダー1品につき投票券(専用メダル)1枚を受け取り、気に入ったメニューに投票。最終日に2日間の集計が行われグランプリが発表された。

 集計は投票メダルの重さで決定。グランプリには、あきる野市観光協会五日市支部青年部が出店した「だんべぇ汁」(1万4175㌘)が輝いた。だんべぇ汁は同市で18年続いた「秋川渓谷自然人レース」で選手らへ振る舞われていた品。名前は「喰ってけよー」「うまいだんべぇー」という同市に伝わる五日市弁に由来するという。2位には公募店枠から出店した青梅の「ライスメンチ」(1万㌘)が、3位には昨年も2位に入賞した小菅村の特産・ヤマメの稚魚を使った「よちよちヤマメ唐揚げ」(7800㌘)が入賞した。

カレー部門ではグランプリにらーめん店いつ樹(青梅市新町)の「濃厚ブラックカレー焼きそば」(5075㌘)が輝いた。2位にはあきる野市の「あきる野色旨汁カレーパン〜のらぼう菜入」(5000㌘)が、3位には羽村市の「ツイストポテト」(4775㌘)が、それぞれ入賞した。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.