新着記事

阿伎留の四季で宴会シーズンに 合わせ目玉メニュー

新料理長が腕を振るう、絶品「鯛めし」

あっさり、ふっくらとした鯛めし(大)

あきる野の温浴施設「湯処 阿伎留の四季」(あきる野市秋川、電話042 ̶ 550 ̶2641)内にある「食事処あきがわ」に新しい料理長が就任し、宴会時期に合わせ新たな目玉メニューとして「鯛(たい)めし」の提供を始めた。新しく料理長に就任した吉川靖敬さん( 35)は16年間、都内各所のすし店や飲食店で修業を積んだ。赤坂では鯛めしと京風おでんで知られる店に勤め、

 今回の就任に合わせ吉川さんがアレンジを加えた鯛めしをメニューに加えた。タイの骨を焼き、だしをじっくりとっていく調理方法でタイのうま味を凝縮し、「あっさりしながらも香ばしい香りが特徴」という。注文を受けてから土鍋で炊き始めるため、提供するまでに1時間ほどかける。じっくり蒸すため、タイの風味がしみこんだ、ふっくらとしたご飯に仕上がる。価格は、2〜3人前の小サイズ=2000円、4〜5人前の大サイズ=3000円。5000円以上の宴会コースにも付く。「じっくりと時間をかけて作るので、注文してからお風呂を楽しんでもらえれば」と吉川さん。

営業時間は10時〜22時。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.