新着記事

MY LIFE 私の幸せと家族の安心

お役立ち

あなたの足は健康ですか? 陥入爪(巻き爪)の治療について

東京西徳洲会病院 形成外科部長 木下 幹雄

「健やかに自分の足で歩く」ということは、からだの健康を保つ上でとても重要な事ですが、自分の足をじっくりと観察し大切にするという習慣は、日本人には意外に少ないかと思われます。今回は足のトラブルの中でも特に頻繁に発生する陥入爪(巻き爪)の対処法についてご説明していきます。

陥入爪(巻き爪)とは爪の角が丸まって指の肉に刺さり、炎症を起こした状態を指します。程度が軽い場合には爪の脇が赤くなる程度ですが、重度となると赤い肉が盛り上がり、細菌感染を併発して膿が出たり、ひどい痛みを伴うこともあります。

予防法としては、深爪をしない、先端の狭い靴を選ばないようにする、爪水虫にかからないように心がけるなどの注意が必要ですが、それでも体質によっては巻き爪が発生してしまうことがあります。

病院で行う治療法としては、簡単なものでは爪の隙間にチューブを差し込んで食い込みを緩和する「ガター法」や皮膚を引っ張って固定する「テーピング」などがあります。これらの治療で改善がない場合には、まっすぐ伸びようとする「クリップ」や「ワイヤー」を爪に直接装着する治療を行います。

また炎症が強く、痛みが取れないような患者さんには局所麻酔をして、刺さっている爪の横だけを切除する「部分抜爪」や「フェノール法手術」を行うこともあります。

東京西徳洲会病院のフットケア外来では、形成外科専門医が丁寧に診療を行い、患者様の足の状態に応じて、適切な治療法を組み合わせて診療を行っております。足のトラブルでお困りの方は、ぜひお気軽にお声かけください。

東京西徳洲会病院 形成外科部長 木下 幹雄

経   歴

平成13年 東京大学医学部卒業

資   格

日本形成外科学会専門医

日本創傷外科学会専門医

所属学会

日本形成外科学会

日本創傷外科学会

日本フットケア学会

日本下肢救済・足病学会

日本褥瘡学会

アジア創傷治癒学会

世界創傷治癒学会

日本頭蓋顎顔面外科学会

日本マイクロサージャリー学会

日本顔面神経研究会

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.