新着記事

Let's Enjoy Mama Life  お家で出来る!簡単工作

コラム

先日のサークル活動は、お母さんに教える工作講座でした。講師は、ママポタージュの心強い相談役になっている、親と子の自由空間「ほっと」の石川くに子さんです。

子どもが3歳をすぎて、粘土やお絵かき、ハサミを使って遊ぶことも増えました。お母さんと一緒のおうち工作で、準備することを学んだり、モノを大切にし考える力が育ち、手先が器用になるそうです。

牛乳パック、ラップの芯、トレー、ペットボトルなどふだん身近にあるもの、ゴミになってしまうものも子どもにとっては宝物。ちょっとの工夫でオモチャに変身することを教えてもらいました。

教えていただいたのは

①牛乳パックを使った「ビューン飛行機」小さな子どもでも簡単に紙飛行機が飛ばせるという優れもの。

②風船が縮もうとする力を風力に変える「風船カー」

③不思議な音の体験。内緒話が出来ちゃう「風船電話」

④光の不思議を感じる「分光版万華鏡」

⑤スライムがふくらむ「バルーンスライム」

 

 

参加者のお母さん達からは、ひとつ教わるごとに「すご〜い」と歓声が上がり、学生に戻ったような気分で、楽しみながら工作をしました。お母さんが楽しめなくちゃ、子どもも楽しめません。

そして工作の材料について。ついつい、もったいないからダメ!と言ってしまいますが、講師の石川さんは、「セロテープ、糊、紙は十分に使わせてあげてください」と言います。子どもは遊ぶのが仕事。形にならなくてもいい。楽しんでいる過程を認めてあげることが重要なんだそう。

家に帰って早速、おもちゃや引き出しを整理して、セロテープ、のり、ハサミを使いやすいようにしてみました。遊び方もどんどん変化し成長する時。どうしても親目線になりがちですが、こうして石川さんに軌道修正してもらうこの時間は、初めての育児に欠かせないものになっています。

 

コラム執筆者

ママポタ編集部

「子連れOK!保育付きママさん料理教室」を開催しているママポタージュです! 発足メンバーは、2011年4月に第一子を出産したママたち。 日々色んな悩みを抱えながら、それぞれ楽しく育児をしています。 離乳食は毎日のことだし、初期、中期、後期と進めていくので、悩んでいるママさんも多いと思います。
離乳食を頑張って作る!というよりは、大人のご飯のレシピを充実させて、そこから取り分ける料理をオススメしているママポタ料理教室。
「お互い様」をモットーに、ママさん同士が子守をし合って料理教室を開催しています。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.