新着記事

街の探検隊:羽村から村山に向かう真直ぐな小道(羽村山口軽便鉄道)【街プレ倶楽部 街歩き 心の風景】

お出かけ

JR羽村駅と福生駅の中程で青梅線とクロスし、ほぼ東西方向に、どこまでも続く真直ぐな小道がある。遊歩道となっている部分も多く、地図にはあまり載ってないが、航空写真では直線が浮かび上がってくる、という道だ。この道は、羽村の堰から山口貯水池まで10km以上に及ぶ。日頃、恰好な散歩道として利用している人も多いのではないか。
この道の下には、多摩川の水を村山貯水池(多摩湖)と山口貯水池(狭山湖)に引いている「東京水道」と呼ばれる導水管が埋められている。この道にはかつて「羽村山口軽便鉄道」(通称)と呼ばれた鉄道が敷かれていた。大正5年から昭和2年頃までは導水管埋設工事のため、昭和3年から昭和6年頃までは山口貯水池建設要砂利等運搬のため、戦時中の昭和18年から昭和19年頃には米軍の空襲に備えた補強工事のため、3度に渡って敷設と廃線が繰り返された。
福生市加美平団地、横田基地、IHI瑞穂工場などを貫いて行くが、ここでも建物はこの上を避けて建てられている。航空写真では建物が有るように見えても、実は直接土地の上には建てられてはいない、という所もある。
羽村山口軽便鉄道跡の小道は、羽村を出発点とする、江戸時代の玉川上水に対比できる、近代水道工事の歴史遺産といえよう。

「東京水道」出発点(羽村の堰取付近)

神明緑道(青梅線の東)

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.