新着記事

石川酒造 クラフトビール「TOKYO BLUES」販売

地域

100年余りの思い終結

福生の酒蔵「石川酒造」(福生市熊川、電話042̶553̶0100)が4月7日、クラフトビール「TOKYO BLUES(とうきょうブルース)」の販売を始める。

販売に先駆け3月12日、WIRED CAFE NEWS 日本橋三井タワー店(東京都中央区)で発表会が開催された。

 

東京の酒蔵として今年で創業151年目を迎える「石川酒造」は、第十三代・石川彌八郎さんが1863(文久3)年に酒造業を開業。1887(明治20)年にはビール造りに着手した歴史を持つ。当時大掛かりな投資で設備を整え、品質には高評価を得たものの、多くの人々はまだビールを受け入れる体勢になかったため売れ行きは低迷。撤退を余儀なくされた。

以来、ビールの製造販売は石川家の悲願となり、現当主の18代目・石川彌八郎さんが1998年からビール醸造を再開。多くの試行錯誤を繰り返し蓄積した技術と100年余に及ぶビール造りへの熱い思いを集結させ、「コンタツ」(中央区)との共同開発で「TOKYO BLUES」発売に至った。キャッチコピーは「東京の地で醸す、東京の名を冠した、真の東京クラフトビール」。

かんきつ系の香りが特長というホップ(麦芽)「シトラとアマリロ」を使い、フルーティーな香味のビールに仕上げたという同商品。清酒造りにも使われる原材料の水は、地下150メートルからくみ上げた地下天然水を使う。 同酒造によれば、ホップ投入のタイミングは一般的な製造工程と異なり、煮沸の終了間際に全量投入することで、華やかなホップの香りと豊かなコク、シャープな苦みのあるのどごしが楽しめるという。

価格は、330㍉㍑入り=466円(税別)。販売は、東京を中心とした首都圏を予定する。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.