新着記事

「地域に根ざし、動物と飼い主のケアを徹底」

お役立ち

病院、トリミング、ホテルの連携で細かな不安サポート はち動物病院が5周年

「はち動物病院」(羽村市神明台、電話042̶578̶8513)は2月14日で5周年を迎えた。

「全員がプロフェッショナル」という同院は、院長の堀江明子さんと夫の秀徳さん夫婦を中心に総勢5人のスタッフで動物のサポートを行う。診療後、最新の動物医療を学ぶための勉強会にも絶えず参加し、技術と知識を高めることを怠らない。同院は医療病院以外にもトリミング、ペットホテルも兼ね備えているのも特徴だ。

「当院はそれぞれの場面で、ちょっとした変化にも気づき対応ができるんです」。トリミングに来た際にすぐに肌の異常を気付いたり、ペットホテル利用の際も動物の年齢や病気などで預ける不安も、病院が併設することにより、すぐ診察が行え細かな対応が可能だ。

ホテル利用の際は1日2回の散歩を行い、休診時間での対応、来院できない場合などは、カルテのある動物であれば飼い主に携帯番号も伝え、電話での相談も受け付ける。タクシーを嫌がる動物のため、送迎も無料で行うなどケアを徹底している。

また「地域密着」を思いに開業した同院は地域の行事への参加、協力を積極的に行っている。「地域に出ると、しつけなど普段、悩んでいることなど、その場で応えることができる。人間関係を何より大切にしたいんです」と秀徳さん。「右も左も分からなかった羽村市で、ようやく地域になじませて頂いた思いです。今後も動物の不安を抱える皆さんの支えになれれば」と話していた。

同院の開院時間は平日9時〜12時、16時〜19時(日・祝日は午後休診)。水曜定休。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.