新着記事

青梅・奥多摩もみじ協定を締結

お出かけ

共通の観光資源、紅葉を柱に

青梅市観光協会(小澤徳郎会長)、奥多摩観光協会(原島俊二会長)、御岳山観光協会(馬場喜彦会長)など9団体は先月12日、青梅・奥多摩もみじ協定を締結した。青梅と奥多摩地域共通の観光資源である紅葉を誘客の柱に据え、連携して観光客の呼び込みを目指す。

締結式は東青梅センタービルで行われた。協定を結んだのは3団体のほか御岳観光協会(小澤徳郎会長)、吉野梅郷観光協会(井上敏幸会長)、奥多摩商業協同組合(杉村昌一組合長)、御岳山商店組合(馬場欣哉組合長)、御岳・沢井商栄会(谷合哲二会長)、吉野梅郷商店組合(鈴木宗代表)。

「青梅・奥多摩もみじ大爆発」の横断幕を背に締結式に出席した皆さん

小澤会長は、馬場喜彦会長の尽力で「青梅・奥多摩秋まつり・もみじ大爆発」という観光客誘致のプランがまとまったと紹介し、「秋の紅葉は我々の最大の観光資源。プランは御岳山から始まり奥多摩、御岳渓谷、吉野梅郷へ至る紅葉ルートを観光客に存分に楽しんでもらうという企画。

これを機に本協定の締結となったことは誠に喜ばしい」とあいさつした。発起人の馬場喜彦会長は、東京もみじ100選の中で青梅・奥多摩は第6位であると紹介し、同協定について「御岳山から奥多摩の小河内ダム周辺までつながっている紅葉ルートを青梅・奥多摩全体で売り出していこうという話の中でまとまった」と経緯を説明した。

協定は9団体が一丸となり「もみじ大爆発」を地域の一大イベントとして大々的に売り出そうというもの。具体的には紅葉シーズン前に情報を交換し合い、隠れた紅葉の名所を発掘、魅力的な名称を付け、お薦めの場所を互いに紹介したりして情報を集約し、発信する。

日向和田駅以西の観光協会と商店組合の全会員が参加する。両市町を業務区域にもつ青梅商工会議所が事務局を担当、JR東日本八王子支社の誘客協力もある。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.