新着記事

「いざ!」という時に待たされ、選べない?スタッドレスタイヤの意外と知らない秘密

間もなく一気に寒さが増すシーズンがやってくる。昨年も平年並みと予想された12月から

今年2月の冬も、終わってみれば全国的に気温は低く、特に西日本では32年ぶりの寒さを記録

した。本格的な寒さを前に、プロのカーショップ店に事前の備えについて聞いてみた。

バッテリーを使う時間が長い冬。冬場の不具合もぜひお気軽にご相談ください!「お客様の笑顔が、やりがいです!」と福生在住の、新人スタッフ・武井政幸さん

3年〜5年で痛むスタッドレスタイヤ「溝があるから大丈夫?」の間違いとは

スタッドレスタイヤを自宅に保管し、冬場のみ交換する人も多い。

保管条件にもよるが、通常3年〜5年でタイヤも傷んでくる。

「まだ溝があるから大丈夫!」と考えがちだが、実はスタッドレスにとっては「溝の深さより、タイヤ全体の柔らかさが大事」だという。

滑らないためには、タイヤに付いたブロックの1つ1つが湿った路面にくいつくことが大切で、硬いタイヤだと、本来の性能を発揮しない。

オニキス羽村中央店には硬さを計る硬度計があり、無料で測定してくれるので、「スタッドレスタイヤの履き替えを前に、ぜひ一度試してほしい」という。

 

 

毎年の製造本数は決められている?品切れで、不本意なタイヤ購入に至るケースも

身体が寒さを感じる頃、各カーショップには「スタッドレスタイヤがほしい」と多くの依頼が殺到する。

しかし毎年メーカーが製造するスタッドレスの数は、実は事前に決まっており、雪が降ってからだと売り切れが続出し、選べないことも多いという。

また多くの人が殺到するシーズンに行くと、何時間も待たされることも多く、デメリットが多い。

同店ではこの季節にタイヤの特別割引を実施し、ユーザーが快適にタイヤ交換が行えるサービスをすることを決めた。「まずはどんなタイヤがあるのか。ぜひ気軽に相談してほしい」とスタッフは話している。

 

オニキス 羽村中央店

〒205-0002 東京都羽村市栄町2-21-8

0120-979-378

営業時間 10:00~20:00

定休日 火曜日

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.