新着記事

西多摩旬の味 土の中でじっくり蓄えた旨みと栄養

コラム

食物繊維の王様「ゴボウ」はいかが?

冬野菜が多く並ぶ西多摩の直売所に、旬の新鮮なゴボウが並んでいる。

食物繊維が豊富な食材として有名だが、ゴボウに含まれるのは水溶性でイヌリンという成分が大腸の運動を活発にしてくれ、腸内の善玉菌を増やすと言われている。他にも多く含むアミノ酸の1種であるアルギニンは、新陳代謝や肌にも良いといわれている成分だ。

皮を剥くのが一般的だが皮にも栄養が含まれるため、こする程度での調理が、風味も逃がさないためお勧め。西多摩の土の中でじっくり育ったゴボウの味わい、ぜひ楽しんでみてほしい。

JA西東京かすみ直売センター

青梅市新町 2-28-19 ☎0428-31-1115

営業時間:8:30~16:30 年中無休(正月等を除く)

※お求めの際は、事前にご確認を

地元野菜で作るおいしぃ~い一品コーナー

  • ごぼうの梅ゴマ和え

〈材料〉

長ネギ ・ ・ 2本

かぶ ・ ・ ・ ・2個(まわし切り)

大根 ・ ・ ・ ・8センチ(千切り)

ごぼう ・ ・ 1・本(ささがき)

○練りごま(白) ・ ・ ・小さじ2

○梅(たたいた状態) ・ ・ ・小さじ1/2

○米酢 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・小さじ1

○醤油 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・小さじ1~2

○塩 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・少

①厚い鍋に、分量外の塩少々とネギ、かぶ、大根、ごぼうの順に重ね、最後に分量外の塩

を少々ふり、蓋を閉めて野菜が柔らかくなるまで煮る。

②煮あがった1は、バットにあけ、冷ます。そのうち200グラムを別のボウルに取り出す。

③○の調味料を混ぜ合わせ、2と和える。

  • 豚肉と冬野菜の蒸し鍋

〈材料〉

ごぼうの梅ゴマ和え以外の重ね煮、すべて

豚かたまり肉 ・ ・ ・ ・400グラム

油揚げ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・2枚

小松菜 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・1/2わ

塩麹 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・大さじ1

①一晩置いた豚肉を、7㎜ずつ切る。

②鍋に、重ね煮、油揚げ、豚肉とひたひたの水を入れ、豚肉に火が通るまで

20分ほど煮る。

③アクを取りながら、豚肉に火が通ったら味を見て、塩麹を入れる。

④小松菜を入れて蓋をして10分ほど煮る

 

コラム執筆者

佐野 芙美子

結婚するまで幼稚園に勤め、妊娠をきっかけに身体と環境に優しい生活に目覚める。バランスボールやヨガの講師を経て、第3子の妊娠を期にしばらく専業主婦に。SNSにあげていた料理が口コミで広がり、話題に。あきる野市在住。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.