新着記事

にしたま。この人に会いたい。

コラム

執筆協力:市民ライターKさん
皆さんは東京都の水源について、どれほどしっているだろうか。今回紹介する木村さんは「多摩川水源森林隊」を担当する、根っからの西多摩人である。

東京の水源への思いを熱く語る、森を愛する真摯なナイスガイ。

東京都水道局 木村 高士さん

「出身は東大和市。狭山丘陵でカブトムシやザリガニを採ったり、祖父の茶畑や野菜畑など、豊かな自然環境の中で育ちました。農林高校林業科で学び、慣れ親しんだ自然に関係する仕事に就きたいと、東京の山で働ける林業職の試験を受け、現在は東京都水道局水源管理事務所で水道水源林の管理に従事。休日も山登りや野菜作りをし、いつも自然の変化を感じることで毎日が充実しています」。

東京の水がめ「小河内貯水池(奥多摩湖)」

普段あまり耳にしない「水道水源林」。この言葉に興味を持ち、より詳しく教えてもらった。
「都の水源の約2割を多摩川系が賄っています。小河内ダム周辺、東京都約10分の1相当の面積を、約120年前から水道水源林として都水道局が管理しているのです」と木村さんは話す。「1世紀以上も前に東京の水道水のため、この水を育む森林を直接管理するという発想に至った先人。その歴史ある水道水源林で働けることを、私は誇りに思っています。
この素晴らしい水道水源林に感謝し、より多くの人に知ってもらいたいと願っています」と熱く語ってくれた。
東京都水道局ではボランティアの力を借りて、多摩川上流域の民有林の間伐や枝打ちなどの森林作業を担う「多摩川水源森林隊」という取り組みも行っている。ボランティア隊員からは「山の手入れを行うことで、普段飲む水に改めて感謝するようになった」「自分が手を入れた森林がきれいになっていくのを見ると感動する」などの感想が寄せられる。森林隊活動を通じて水道水源林の大切さを、より多くの人に知ってほしいと願っている。興味のある人は、森林隊に参加してはどうだろうか。

多摩川水源森林隊
☎0428-83-2045
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kouhou/sinrintai/

コラム執筆者

市民ライターKさん

西多摩を中心に熱い思いを持って地域で活躍され、地域に愛され続ける人々が数多くいます。
そんな人々をクローズアップするコラム「にしたま この人に会いたい」。
街プレ紙面を通じ、皆さまのご近所にいる素敵な方々との出会いの場を作ってまいります。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.