新着記事

旬の食材、彩り豊かに

割烹 佐五兵衛が特製弁当

あきる野市小中野の「割烹 佐五兵衛」(北林豊明店主)が、旬の食材をふんだんに使った特製弁当の一般販売を始めた。新型コロナの影響で飲食店での会食を控える傾向が続く中、法事などの集まりに使ってほしいという。

店は4月から1カ月半の休業を経て5月下旬に再開。同時に法事を営む近隣の寺や常連客向けに弁当の提供を始めた。客が戻る気配を感じ始めた6月半ば、都内で再び新型コロナの感染者が増えてきた影響で予約のキャンセルが目立つようになった。7月に入ってからも大人数の予約は皆無に近い状況だという。

「お客様に来ていただけるのは本当に幸せなことだった」と北林店主。コロナ禍の厳しさを味わった今、客のありがたみが改めて身に沁みる。

沈む一方の気持ちを自ら盛り立てる思いもあって弁当に力を入れることにした。今の時期なら鰻や甘鯛、夏野菜など、その時々の旬の食材を取り入れ、彩りよく仕上げることに心を砕く。

弁当は2種類。口取り7種・お造り・焼き物・煮物・揚げ物・肉料理・炊き込みご飯を詰めた「四季折松花堂弁当」が3400円。品数が数点少ない「四季折弁当」が1800円。いずれも税込価格。注文は4個以上、4日前までに予約する。受け渡し時間は11時半〜19時ごろ。予算に合わせたメニュー構成、地域によっては配達も承る。予約・問い合わせは042(596)04 4 5 まで。(提供:西の風新聞)

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.