新着記事

川と森のプロたちと歩く Tokyo Mountain

コラム

なぜリバークリーンをするのか?

アウトドアスポーツを楽しむ人のパワーを御岳に還元

下心全開でいえば、色々ご迷惑をお掛けする事の多いリバーアクティビティーですので、川の掃除ぐらいはやらせて頂きますというのもあります。ゴミ問題をラフティングで解決することができたら、青梅の中でラフティングのポジションが築けるのではないかと。

ただ、最近感じているのは、リバークリーン自体が「人と人が出会うコミュニティー」になっていることです。アウトドアスポーツを楽しむ人と地元の方が、自然な形でお互いを知る場を、リバークリーンを通してつくりたい。一緒に活動することで、個々のつながりを深め、共に楽しみ応援してくださる方を増やしていく。この夏のリバークリーンを通して、少しずつイメージができてきました。

コミュニティー作りのきっかけを与えてくれる川のゴミの存在が有り難く感じることもあります。なくなってほしいけど、もう少しいててほしいような。御岳から河辺下グラウンドまでの約15㌔㍍。ここのリバークリーンをこれからも続けてまいります。

コラム執筆者

柴田 大吾

大学探検部時代にラフティングに出会い、オーストラリアでリバーガイドとして活動。
2009年、日本代表選手として世界大会で総合準優勝。現在、御岳で「みたけレースラフティングクラブ」を運営。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.