新着記事

東京の山を守り、水を守り、自然を守るTOKYO GREEN Press

コラム

~東京の森から~東京チェンソーズ

檜原村の林業会社「東京チェンソーズ」が、街プレ読者の皆様にお届けする東京グリーンプレス!

毎日、西多摩の山々で暮らす僕たちが、リアルな西多摩の自然の姿をお届けします。

暮らしに〝いろいろな木〞を取り入れてみては

山で感じる心地良さをお届け

根株+ガラス天板のテーブル 設計製作:山路哲生建築設計事務所

弊社がいま積極的に取り組む「1本まるごと販売」。1本の木を根から枝・葉、先端の細いところまですべて使い切り、販売するものです。

この1月から、こうした〝まるごと素材〞を紹介するメールマガジンを始めました。毎週火曜日配信の週刊で、これまで8本配信。ここで取り上げたものに特別に使用例を付けて2本紹介いたします。気になるものがありますでしょうか?

【ヒノキの根株】

檜原村にある弊社・社有林から出たヒノキの根株。根がついた切り株を根株といい、伐採後、現場から掘り起こし、樹皮を剥いたものです。

小丸太の樹皮を剥き磨いたキャンドルホルダー

根株をよく見ると、木目が渦巻いていたり、細い根が複雑に絡み合っていたりで、とても魅力的なことが分かります。ひっくり返してみると、まるで宇宙。飽きずにずっと見ていられます。

建築家の山路哲生さんが設計した、根株にガラス天板を載せたテーブルが、麻布十番のTAILORED CAFEにあります。こうしたテーブルで食事を楽しみたいですね。

【ケヤキの枝】

街路樹などでよく見かけるケヤキ。檜原村の個人宅で20㍍を超えるような大木の剪定を依頼されました。そのとき切って落とした枝の中から、枝ぶりの良いものを数本購入。

空間デザインブランドparkERs(パーカーズ)のオフィス

キャットウォークに使っていただいているほか、さらに剪定して細くしたものを天井から吊るし、照明が当たると、床やテーブルに美しい木陰ができる、そういうイメージで使っていただいたこともあります。

こういうものをインテリアや家具として暮らしに取り入れると、より自然に近い暮らしができそうに感じますが、いかがでしょう?このほか、細い丸太を使ったキャンドルホルダー、コースター、根株を使ったスパチュラ(ヘラ)など日用品も用意してあります。

これからも山の風や空気の心地良さ、気持ち良さが感じられるものを作り、お届けして行きたいと思います。

コラム執筆者

東京チェンソーズ

今日も森にいます
株式会社 東京チェンソーズ
住 所西多摩郡檜原村654
TEL 042-588-5613

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.