新着記事

にしたま。この人に会いたい。

コラム

多摩川で石を花として捉える芸術家。

石花師 石花ちとくさん

子供の頃、川原で遊んだ記憶は誰にでもあるだろう。平たい石を投げてみたり、大きな石を積んでみたり。「石花ちとく」さんは、ロックバランシングの第一人者でもある。

きっかけは、ある日、公園で子供と遊んでいた時。ふと大きな石を立てている動画を見たことを思い出した。そこで漬け物石のような、石を探し「立てて」みたところ、スッと出来てしまい、肌が泡立つような衝撃を受けたことだという。

自室で夜中に立てる練習をしはじめたのが10年ほど前。まだ周りには誰も同じことをしている人は見当たらなかった。

適した言葉が見つからない

既に「ロックバランシング」は欧米で広まっていた。画像をSNSにアップしはじめた頃、アメリカで有名なアーティストと縁ができ、コミュニテイに入ったが日本人は誰一人いなかったという。

「俺がやらなくては。日本人だって、やってやる」と、多摩川に通いはじめ、イベント出展やセミナーなどの活動を通し、ロックバランシングを楽しむ人も徐々に増えていく。しかし「日本語」に訳すと当てはまる言葉がない。そこで「石花(いしはな)」という名前を考え出し、仲間を増やしていった。石を積んでも少しの風や振動でも倒れてしまう。石を重ねて立たせた感動だけが、自分に残る。その儚さを自然の花を愛でるように例えたのが「石花」だ。

SNSには、多摩大橋下での画像が多い。「最近は、多摩大橋付近が、良い石がある」。石の場所は、台風や大雨で動いてしまうので出会うことも簡単ではないそうだ。

無心で石と向き合う

「いしはな」を広める積み重ね

石花さんの目指すのは、多くの人に広げること。秋のイベントに向けて準備中だ。人との関わりが難しくなっている今、石が立った瞬間の「感動」を多くの人と分かち合うイベント。詳しくは、石花ちとくさんの公式HP、そして現在、取り組んでいるクラウドファンディングの内容も是非見てほしい。

一期一会の「石花」

「石ころで人をつなげる」
日本のロックバランシング第一人者
石花師:石花ちとく

http://chitoku.balancing.jp

 

コラム執筆者

市民ライターKさん

西多摩を中心に熱い思いを持って地域で活躍され、地域に愛され続ける人々が数多くいます。
そんな人々をクローズアップするコラム「にしたま この人に会いたい」。
街プレ紙面を通じ、皆さまのご近所にいる素敵な方々との出会いの場を作ってまいります。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.