新着記事

「船直マグロ無人直売所」1号店がオープン

グルメ

日本一の船籍数、水揚げ量を誇る漁船から直接仕入れ

 マグロの解体ショーなど行う「鮪匠(まぐろのたくみ)」が3月30日、JR小作駅西口近くに「船直マグロ無人直売所」1号店をオープンした。

同社は日本で唯一、一般社団法人全国鮪解体士協会から認定されたマグロ解体ショーのプロ集団。「感動させるエンターテイメント」として地上波テレビ局でも数多く取り上げられ、延べ1000回以上、15万人へその技を披露してきた。「とにかくマグロの魅力、本当のおいしさを、多くの人に知ってほしいんです」と代表の木村英喜さんは笑顔で話す。

小さな建材メーカーだった木村さんは20年前、知人を通じマグロ業界に出会った。そこで目にしたのは、複雑な流通過程。漁船で捕られたマグロは、産地の市場、消費地市場、仲卸業者、小売業者と流通する間、すべてにマージンがかかり消費者の手に届く仕組みだった。「漁師さんが苦労して採ったマグロが、適切な価格で消費者に届いていなかった」。一念発起し、マグロ業界への参入を決意。しかし最初の2、3年は地獄の日々が続いたという。

「魚の世界でマグロは頂点。生半可なものではなかった」と振り返る。信頼を得るため全国あらゆる市場をまわり、漁船に乗り、時にはマグロとも泳ぐなど悪戦苦闘の日々を繰り返す。やがて、その熱意を感じた日本一の船籍数、水揚げ量を誇る「土佐洋船団」と「臼福船団」それぞれの社長たちの信頼を得ていき、同社独自の仕入れルートを作り上げた。

「解体ショー以外でも、より多くの人に本物のマグロのおいしさを、適正な価格で届けたい」と今回の無人直売所をオープン。同社に入る厳選された天然生マグロを、数量限定の生から、冷凍ではミナミマグロやメバチの中トロ、赤身やトロ入りの切り落としなども市場を通さず「船直価格」で販売する。店内はコンパクトながらも子供から大人まで楽しめるちょっとしたマグロアミューズメントとしての工夫がなされている。

 

 

 

 

 

 

24時間年中無休、羽村市小作台3-13-11。問い合わせは同店(0120̶096̶831)まで。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.