新着記事

青梅・奥多摩食材の「ごぜん」を開発

6つの施設で試食会

はとのす荘のイタリアン

青梅市と奥多摩町で食の魅力を地域内外へ発信する動きが盛んだ。6月20日、28日、7月5日には、食の地域ブランド形成を目的とする「『青梅・奥多摩ごぜん』開発事業」の一環で、夏のメニューを対象とした試食会が開催された。

事業は、地元食材を使った同市町ならではのご当地「ごぜん」を作成し、食で観光客誘致を目指すもの。和食、洋食、バーベキュー、御師料理(御岳山の宿坊で振る舞われる料理)など、同地域に根付く多種多様な食文化に着目した。

試食会にはメディア関係者やフードライター、旅行代理店、沿線まるごとホテル関係者らが参加。各料理を提供する6つの宿泊・飲食施設を回った。

6月28日は約15名が参加。東青梅駅を出発し、青梅市の小澤酒造で蔵見学後、奥多摩町の鳩ノ巣渓谷沿いのホテル・はとのす荘へ。奥多摩やまめや地場野菜のイタリアンを試食した参加者からは、夏季の旬の食材や料理についての質問が飛び交った。

奥多摩湖などを周遊した後は、青梅市のバーベキュー施設BーYARDで本場アメリカ式のバーベキュー料理を堪能。青梅豚の西京味噌漬け、澤乃井を使った鶏もも肉のグリルなどに「河原のバーキューとは一線を画する」と、旅行代理店の参加者は目を丸くする。

事業は夏以降も食の魅力を掘り下げていく。食器や家具など食に関連するコンテンツにも注目していくという。実施主催は青梅市観光協会と奥多摩観光協会、西東京農業協同組合。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.