新着記事

田んぼの中って気持ち良い

イベント

子ども泥んこ運動会

青梅市の木野下自治会子供会

泥んこまみれ、でも気持ち良い

全身泥まみれで歓声を上げるこどもたち-。

青梅市の木野下自治会子供会(金野功会長)は5日、地元にある田んぼで「子供泥んこ運動会」を開いた。約40人の子どもたちが泥の中を走ったり、飛び込んだり、転がったりして楽しんだ。

会場は山崎富治さんが所有する田んぼ。「思いっきり泥んこ遊びをさせてやりたい」という子供会の願いを聞き入れ、田植え前の約8アールの田んぼを開放した。

宝さがし、玉入れ、田んぼフラッグスなどの競技が終日行われた。中でも幅25センチほどの板を渡る「自転車1本橋」はスリル満点。すぐに落ちる子もいれば、うまく渡る子もいれ会場を沸かせた。

このほか飛び込み台から1メートル下の田んぼニダイビングしたり、手作りいかだに乗ったり、腹ばいで泳ぎ回ったりした。こどもたちの気持ちよさそうな顔が印象的だった。

金野会長は「今の子どもたちは泥んこ遊びがしたくてもできない。泥んこ遊びの機会をつくってやるのが大人の役目ではないかと子供会で相談し、山崎さんの協力で実現できた。来年以降も続けられたらうれしい」と話した。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.