新着記事

羽村市 小学1年~英語教育

地域

全国的にも新たな取り組み

羽村市は今年度から市内7つの全小学校で、1年~6年まで全児童が英語に触れる教育を始めている。文部科学省は今年度から小学5,6年を対象にした外国語活動を始めているが、全学年が対象になるのは全国的にも新たな取り組み。

担任を中心に、英語が堪能な市民から市が直接雇用した英語コーディネーターと、ALT(米軍横田基地居住の外国人などの語学補助教師)が補佐する形で授業を進める。年間の授業開始は、1、2年が10時間、3、4年が15時間、5、6年が35時間を割く。

私立小作台小学校(海東朝美校長)の3年生15日、ALTのマイラ・ミラーさんから、曜日を習い、昆虫の絵を使い名前を覚えた、「なんの昆虫が好きですか」と英語で聞きあうゲームも行い楽しい授業となった。

同市は07年から3年以上を対象に英語の体験教室を行い、カリキュラムやシステムづくりを進めてきた、共通の教材づくり、教諭研修なども行われており、英語授業推進の環境は整っていた。コーディネータの秋田裕子さんは「目と目を見て相手と話すなどこみにゅケーションを大切に、楽しい授業を心掛けています」と話した。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.