新着記事

森の演出家ツッチーと歩くTokyo Mountain

いよいよ西多摩にも梅雨の足音が。

恵みの雨を受け、奥多摩や青梅の木々や、植物たちも、いよいよ夏へ向けて準備をしはじめましたよ♪

雨音を聞きながら、大自然の中「ぼーっ」とすれば、心もすっきり!

 

奥多摩ヤマメを使った新商品を開発中!

有名らーめん店とコラボ

いよいよ西多摩にも梅雨の足音が。

奥多摩ヤマメを使った炊き込みご飯は、絶品の味でした♪

恵みの雨を受け、奥多摩や青梅の木々や、植物たちも、いよいよ夏へ向けて準備をしはじめましたよ♪雨音を聞きながら、大自然の中「ぼーっ」とすれば、心もすっきり!

この時期しか見せない絶景を味わいに、ぜひお出かけくださいませ♪「渓流の女王」と呼ばれ人気の高いヤマメ。そんな中でもこの地域で独自に開発された「奥多摩ヤマメ」という魚がいるのを皆様はご存知ですか?成長期間を伸ばすことで、通常の倍以上大きくなり、タンパク質や脂肪も多く、とってもおいしい魚♪奥多摩や青梅の一部のお店でしか食べられない限定の味覚なのです。

実はそんな奥多摩ヤマメを使った新商品の開発に現在、挑戦中!都内に数店舗展開し、青梅に本店を持つ「らーめんいつ樹」さんとのコラボ企画です。

いつ樹さんは鮮魚を使ったらーめんにこだわり、テレビや雑誌で紹介されること数知れない名店。いつも長蛇の列を作る、まさにお魚から新しい味覚を生み出すプロ中のプロなのです!しかも使う材料は、傷などで商品にならない鮮魚のみを使うことをコンセプトにされています!すごい!

今回のコラボでは地元愛が何より強い社長の伊藤さんが試作に試作を重ね、独自の技術で開発した「奥多摩ヤマメのスープ」を使わせて頂き、新グルメを作ることとなりました!もちろん奥多摩ヤマメも傷などで商品にならない魚のみを使います。完成したらホームページ、または街プレでもご紹介致しますので、お楽しみに!

 

「古民家にボスザル現る…!」
サル・クマ・ヘビ・ハチなどに出くわした際の対処法

 

御岳の古民家にいたある日、ガタガタッ!と何やら物音が…。おそるおそる玄関をあけてみると、真っ赤な顔をしたオスザルが!!じっとにらんでいると、すぐ近くに飛び降り「ウキー!!」と威嚇!朝からとても怖い思いをしましたー。

一般的に野生のサルは、こちらから何もしなければ襲ってくることはほとんどありません。大声を出したり棒で威嚇をしたりすると、サルも興奮して飛びかかってくることがあるので、出会った時にはおどかしたり刺激を与えずに落ち着いてゆっくりその場から離れてくださいね。

サルの他にも自然の中には、クマやヘビ、ハチなど危険な生き物も暮らしています。

クマに遭遇しないためには、話し声や鈴を鳴らして人間の位置を予め知らせ、ヘビに遭遇した場合は、刺激せずに側を歩かないようにすれば基本的に危険は無いでしょう。

ハチは、巣やハチ自体へ刺激を与えると、刺される危険性が非常に増します!巣には近づかないのはもちろん、手で振り払わずに、かがみながら静かにその場から立ち去ることがポイントです。

 

楽しく自然の中を歩くためにも、

①長袖・長ズボンを着用する(黒っぽい服にはハチが寄ってくるので避けましょう)

②香水は避ける

③ごみは持ち帰る

などの対策をして、楽しい散策にお出かけくださいね♪

コラム執筆者

ツッチー(土屋一昭)

JR御嶽駅すぐ裏手の古民家を拠点に、「自然を通じた癒し」をテーマに活動。奥多摩、青梅エリアの案内や、釣りガイド、ネイチャーガイドなどを精力的に行う。
青梅、奥多摩エリアのナビゲーター的な存在。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.