新着記事

農家さんを訪ねて

農業

瑞穂町 井上祐輔さん

後継者不足が叫ばれる日本の農業ですが、近年、新たに就農を志す若い人も増えています。今回取材した井上さんもその1人。農業に関する、その思いについて聞いてみました。

幼少の頃より祖母の影響を受け、学生時代から農業を志してきた井上さん。23歳で農業の専門学校に入学し3年前、瑞穂町で畑を借りることができ、念願の新規就農されました。現在は試行錯誤を繰り返し、無農薬、無化学肥料で野菜を育てる毎日を送っています。

「完全に0からのスタート。若者を支援する農家さんが瑞穂に畑を持っていたので、就農することができた。最初は背丈程の草が一面に生え、地元の方に色々教えて頂いたり、道具を貸して頂いたりして何とかここまでこれたんです」と井上さん。「スーパーなどの市場に出荷するより、幼稚園や直売所に出して行きたい。顔が見えるような距離を大切にしていきたいんです」と嬉しそうに語ってくれました。

 

最近では近所の幼稚園から「無農薬の野菜を子どもたちに食べさせたい」という要望もあるそう。食に関心が高まる現代、生産性だけを求める農業ではなく、農業自体が環境に与える影響も考えた「環境にやさしい農業」を追及する農家さんが地元にいることが、とっても嬉しく思いました。

 

にんじんの花種を取るために花を咲かせる

もうすぐ収穫を迎えるにんじん

 

まだまだ小さいセロリ秋に収穫

 

取材:鮫島美穂

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.