新着記事

12カ国駐日大使ら「澤乃井」小澤酒造視察 青梅市沢井

地域

高貴な青い薔薇の味 利き酒で日本酒を絶賛 小澤酒造

中東、南米、アフリカなど12カ国の駐日大使らが9月24日、青梅市沢井の「澤乃井」小澤酒造を訪れ、酒造工場を視察し、利き酒を楽しんだ。案内には第22代当主の小澤順一郎社長が当たった。

バーレーン、アルゼンチン、ベネズエラ、ペルー、エクアドル、モザンビーク、レソト、ウズベキスタン、アルメニア、チェコ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビアの12カ国23人の在京大使夫妻らが参加した。

外務省・国税庁、日本酒造組合中央会が共催。視察を通じて駐日大使らに「サケ」についての知識を深めてもらうことで海外でのビジネスチャンスにつなげるのが目的。

東京に酒蔵があること、300年以上の酒造の伝統があること、併設の直営店で和食を提供できることなどから小澤酒造が視察の対象に選ばれた。

大使ら一行は小澤社長の説明を聞きながら酒用米と食用米の違い、蒸し、仕込み、絞りなど酒造りの工程とともに、江戸時代の古い酒蔵や12個の仕込みタンクが並ぶ平成蔵などを見学した。ツアーをコーディネートした中村悦子酒蔵ツーリストが通訳に当たった。

説明を聞いたチェコ大使のトマーシュ・ドゥプさんは「製法はワインに似ている。ハイテクな施設に驚いた」と感想を述べた。

利き酒会は隣接する直営店「ままごと屋」で開かれた。バーレーンのハリール・ハッサン大使は並んだぐい飲みで利き酒を楽しんだ。「サケを花に例えたら」という質問に破顔一笑して「高貴な青い薔薇の味だ」と最高の褒め言葉で讃えた。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.