新着記事

西多摩のアジサイ【街プレ倶楽部 花ごよみ】

季節

西多摩でアジサイが楽しめるスポットとして、東京サマーランドのあじさい園、塩船観音寺と霞丘陵自然公園、あきる野市深沢の南沢あじさい山が、良く知られている。いずれも、規模が大きくアジサイを見ながらの散策が楽しめる場所だ。東京サマーランドは雪山のような純白のアナベルの丘が人気。塩船観音寺は仁王門と阿弥陀堂間の参道のアナベルが美しし、アジサイ園もある。
一方、規模は小さいが、あきる野市地蔵院の両側に白、青、薄紫のまだら模様にアジサイが咲く参道は、気品ある美しさが楽しめる。

地蔵院(あきる野市雨間)

地蔵院は境内にあるカゴの木(通称「ナンジャモインジャの木」、都の天然記念物)が有名であるが、カヤの大木、春の枝垂れ桜など、四季折々楽しめる。
地蔵院は鎌倉初期(承久3年、1221年)の開創という古刹で、川崎の渡し(羽村)で多摩川を渡った鎌倉街道が、この寺の門前を通り、すぐ南方の雨間の渡しに向かった。また、五日市街道の前身といえる伊奈道もこの門前を通るコースがあったという説もある。今も北西の現在の睦橋通り下の段丘あたりから湧いた水がこの伊奈道に沿って小川となって地蔵院の前を流れ、ここから鎌倉街道に沿うように南に向きを変え、秋川との間に広がる農地の脇を流れている。当時の旅人が見たであろう風景が今も残っている感じがする場所である。

カゴの木

カヤの木

門前を流れる小川と枝垂れ桜

 

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.