新着記事

予算・希望車種合わせて愛車をゲットする「バックオーダーシステム」とは

1日1万3千台が売買される東京オークション

顧客から信頼される同社の落札ノウハウ

ご予算・ご希望車、ぜひお気軽にご相談ください。

「バックオーダー」というシステムをご存じだろうか。オークションに参加し、顧客の予算に合わせた希望車種を探してくれ、落札し、自動車販売店がダイレクトに販売するというもの。ユーザーにとってはありがたいシステムだか、そこはまさに専門スタッフの長年のノウハウと実績がものをいう世界だ。

車のオークションは毎週、全国各地で行われ、売り買いが行われている。

その中でも最も多くの車が集まる東京や近郊のオークションでは、10のレーンに次々車が並び、1日平均1万3千台もの車が、1つのオークション会場で取引される。

1台の車の落札時間は15秒〜30秒というスピード感。相場は、その時期ごとにも変わってくるため、参加する各自動車販売店スタッフの長年の経験や目利き、ノウハウ、これまでの落札データなどがものをいう世界だ。

顧客との念密な打合せ・過去データを分析 全国数台の希少車も、昨年末に落札

そんな中、希少な車を数多く扱ってきた同社は、全国からのファンの信頼を集め、おまかせでバックオーダーで依頼する顧客が多い。グループ店全店を合わせると、10%程度がこのシステムを利用しているという。

中々市場に出ない希少な車はもちろん、多種多様な車を探してくれるバックオーダーシステムだが、「事前に希望する車種、品質、色、グレードなどの他、何より予算について事前に、お客様と念密な打ち合わせを行うことが大切」と同店スタッフは話す。過去の落札データなどを分析し、入念に事前準備を重ねオークションに参加するためだ。

昨年末には、国内の市場に出回るのは全国でも1ケタといわれるほどの希少車「スカイラインGTR VスペックⅡ 平成6年式」を落札した。当時、1300台程度しか生産されなかった名車で、状態の良いものは手放されないため市場に出回らず、ファンの多い海外へも行ってしまっている。これほど希少な車を他社競合に負けずに獲得できるのも、同社の高い経験値の証だ。

買い手の希望や予算を叶えるため、プロスタッフがその高いスキルを発揮するバックオーダー。インターネットで検索しても中々、希望する車と出会えない方は、ぜひ一度、同店の専門スタッフに相談してみてはいかがだろう。

 

店舗でも常にオークションをチェック!市場に出る希少車を見逃しません。

全国数台の希少車も落札!ノウハウと実績に自信があります。

GTスポーツ車・希少車多数!試乗もできます。ぜひお気軽にご来店ください。

オニキス 新青梅店
0120-979-475
営業時間 / 10:00~20:00
定休日 / 火曜日
所在地 / 〒198-0024 東京都青梅市新町7-5-4

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.