新着記事

JR古里の駅前に、だしまき玉子専門店「卵道」オープン

グルメ

小菅村の水、青梅の卵にこだわる

だしまき玉子専門店「卵道(ランウェイ)」(奥多摩町古里、電話0428̶85̶8337)が4月10日、JR古里の駅前にオープンした。

同店のオーナーである河村周平さんはこれまで、西多摩の飲食店で調理を担当してきた。店舗で提供していた、だし巻き玉子が常連客の間で人気となり、「昼もあったら食べたい」との声を数多く受け、同店開業を決意。水と玉子にこだわった、だしまき玉子の専門店として、昼営業のみの店舗としてオープンさせた。

河村さんがこだわった定食メニュー

消毒臭の少ない水にこだわり、奥多摩で空店舗を見つけた。

さらに良い水を求め現在は、多摩川の源流である小菅村まで水をくみにいき出汁を仕込む。小菅村に住み、わさび田を営農する叔父と祖母が作る、わさび漬けも合わせた。玉子は青梅市のかわなべ鶏卵農場から、卵黄が濃く卵白のしっかりした「深美卵」、卵黄の白いあっさりとしたマイルドな「ホワイトたまご」、味わい深い濃厚な「東京烏骨鶏」の3種を仕入れる。

「ぜひお気軽にお立ち寄りください」と河村さん

「出汁は時間がたつほど、消毒臭が際立ってしまう。極力、臭いのない水にこだわった。玉子はそれぞれに個性のある3種を揃えた。まず最初は深美卵を使った、だしまき定食がお勧め」と河村さんは話す。他にも、その日によって変わる手作りの「本日のプリン」もメニュー化した。

営業時間は11時〜15時。定休日は火曜日。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.