新着記事

「東京おひさまベリー」開発

農業

来春、都内農産物直売所に

東京生まれの新しい露地栽培用イチゴ「東京おひさまベリー」
来春、都内農産物直売所に並ぶ。

都が先月、都農林総合研究センター(立川市)が開発し、農林水産省に品種登録されたと発表した。

果肉は中まで赤くきれい

従来種と比べて糖度が高く、大きさも1・4倍。今月から全国の農家を対象に苗購入の受け付けを始め、来年5月ごろには一般消費者の口に届く。

大半のイチゴがハウス栽培される中、比較的栽培面積の小さい都内の農家から、大型の設備を必要としない露地栽培用の品種を求める声を受け、同センターが1997(平成9)年から開発してきた。

果肉は中まで赤く、ジャムやコンポートにした時の色合いがきれいだという。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.