新着記事

にしたま。この人に会いたい。

コラム

東京の山々の中でも近年、多くの登山客が訪れる高尾山。その頂上にある高尾ビジターセンターをご存じだろうか。今回はそこで働く佐藤さんの言葉をそのままお届けしたい。

頂上から富士山を望む場所

「出身は茨城県牛久市。小さい頃から、自然が〝自然と〞そこにあった感じで。近くの里山で、ザリガニやカエルを取ったり、大学では野生生物研究室に所属していました。先輩がビジターセンターで論文を書いていて、それを手伝っているうちに面白そうだなと」

ー高尾山では動物に簡単に会えるのですか?

「考えごとしてたり、悩みごとがあった時に動物に逢いますね。テンに逢うと、お互いに目が合って『えっ、なに?』って顔でビックリしてる(笑)。『猿が目の前にいるんだけど、どうしたらいい?』など登山者からの電話には『自然優先なので、観察してお待ちください』ってお伝えしています」。

ーこの仕事で大切なことは何ですか?

「大切なことは、高尾山に来てくれる方々の、自然に対する思いの質を上げることだと思います」。ー最近、多くなった外国人登山客はどうですか?

「グローバルすぎて驚きます。本当に行くのか?っていう距離まで行こうとしてたり。6号路を裸足で歩いているとか。細かいところを気にしないのですが、自分も小さくまとまってはいけないなって」。

ーお金も時間も好きにして良い、と言われたら何をしたいですか。

「ずっと自然の中で過ごすこと。ロングトレイルや、ヨガを森の中でやっている方の話を伺うと、自分と自然の境目がなくなるらしいんです。私はまだその感覚になったことが無いので体験してみたい」

ー登山初心者にアドバイスをお願いします。

「行きたくなったら行く。高尾山なら、そんなに重厚な支度もいらないし。まずビジターセンターにお立ち寄りください。頂上に着いたら、ここで休んだり、おしゃべりしていって欲しいですね」

高尾ビジターセンターには、佐藤さんを含めて10名程のスタッフが、登山者を迎えている。いずれも自然のプロながら、優しく穏やかな方ばかり。気軽に立ち寄れる心強い場所として、四方山話をしたいものだ。

高尾ビジターセンター:

https://www.ces-net.jp/takaovc/

コラム執筆者

市民ライターKさん

西多摩を中心に熱い思いを持って地域で活躍され、地域に愛され続ける人々が数多くいます。
そんな人々をクローズアップするコラム「にしたま この人に会いたい」。
街プレ紙面を通じ、皆さまのご近所にいる素敵な方々との出会いの場を作ってまいります。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.