新着記事

Let's Enjoy Mama Life

コラム

ママと子どもの時間をもっと幸せで、豊かなものにするために

ママポタとは?西多摩の子育て中のママさんによる、ママさんのためのプロジェクトです。料理教室を中心に様々な教室を企画。ぜひお気軽にご参加ください。

自然と、母たちの手で作る保育の場

自然の中、思い思いに遊ぶ子どもたちの笑顔がとても印象的でした♪

「園舎も、保育士もいない。母たちの手で保育の場を」と活動している、森の幼稚園「おそとぽん」さんをご紹介♪羽村を拠点にメンバーは市内外から、現在は10家族、0歳から5歳の子どもたちで構成されています。

代表の蛇石美歌さんは、5歳、3歳、5ヶ月の子どもを育てるお母さん。保育園と幼稚園しか選べないことに常々疑問を感じ、長女が3歳になる時、「もっと子どもと関わる自主保育を」「お外遊び、年齢の違う縦割りで遊んでほしい」と始まったそうです。

「おそとぽん」では、子どもたちのやりたい事を見守るのが基本。この日のテーマ「七夕」に、子どもたちから様々な意見が飛び交う中、「笹を探しにいこーう!!」と元気な女の子の一声で出発!飾りや短冊に使っている紙も、子どもたちが葉や花を摘んで染め、どれも自然の優しい色が出ていてとても綺麗でした♪

春には自分達でヨモギを採って、お団子を作り、初夏は野生の木になっている夏みかんを、木の枝を使って収穫。秋には足を伸ばして遠足に行き、冬はクリスマスで公園に飾り付けをして音楽会を開いたりしています。こういう場があれば、子どもたちは自然の中で色々な事を感じながら、何かをする楽しさを学ぶことができますね。「おそとぽんがひとつの家族みたいになればいいな」と蛇石さん。5ヶ月の赤ちゃんをおんぶしながら、木々の中を歩く姿が印象的でした♪

ママポタヘアカット教室盛況♪

7月13日、ママポタ初の「子どものヘアカット教室」を開講し、18組の親子にご参加頂きました。 先生がパパッとはさみを入れるだけで、子どもたちは可愛く変身! それぞれに個別指導もしてもらいました。 とても好評で、参加できなかった方も多く、また開催する予定ですのでお楽しみに!

 

第1回ママポタのわ

母乳で育てるママさんへ

~おいしいおっぱいの作り方から卒乳・断乳まで~

ゲスト:助産師・桶谷式乳房管理法認定者 榎戸美佐子さんちまたで母乳の神様!と親しまれている、青梅えのきど母乳相談室の榎戸さんをゲストに迎え、母乳のすべてを教わります!これから母乳で育てたいママさんから、現在進行形のママさん、断乳や卒乳を考えているママさんまでを対象に母乳育児についてお話して頂きます。♪日 時:7月31日(火)10:00~11:15(受付9:45)♪場 所:羽村市スポーツセンター2階・第3ホール♪ママポタ会費:500円

「ママポタのわ」とは?

子育てママだけの活動ではなく、世代を超え、人、地域、企業とつながることを目的とした企画。それが「ママポタのわ」です。

お勧めスポット

中車水車小屋

羽村の田んぼに「水車小屋」があるのを皆さんはご存知ですか?その水車小屋に、ママさんのためのスペースがオープンしました。1階は肉汁うどん屋さんですが2階の和室では、ヨガや、ママと子どものプチ教室などができるシェアスペースになっています。和室なので赤ちゃん連れでも安心。夏季限定のかき氷や、すいかサイダー、黒糖コーラなど珍しいジュースも楽しめ、夏のお勧めスポットです♪

住 所羽村市羽中4-17-6

TEL 042-555-9514(広若)

営業時間 11:00~14:00

定休日 1階 うどん屋さん 木曜日

2階の貸し出し、イベント開催に

ついてはお問い合わせください。

駐車場4台

★ママポタチェック★

○オムツ替え

◎離乳食持ち込み

◎子どもの遊びスペース

△ベビーカー

 

コラム執筆者

ママポタ編集部

「子連れOK!保育付きママさん料理教室」を開催しているママポタージュです! 発足メンバーは、2011年4月に第一子を出産したママたち。 日々色んな悩みを抱えながら、それぞれ楽しく育児をしています。 離乳食は毎日のことだし、初期、中期、後期と進めていくので、悩んでいるママさんも多いと思います。
離乳食を頑張って作る!というよりは、大人のご飯のレシピを充実させて、そこから取り分ける料理をオススメしているママポタ料理教室。
「お互い様」をモットーに、ママさん同士が子守をし合って料理教室を開催しています。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.