新着記事

にしたま。この人に会いたい。

コラム

昭島市に生まれ音楽業界で活躍を続けてきた丸山さん。人の縁を何よりも大切にする、心優しきジェントルマンでありアーティストだ。

バンドマンから始まった

ミュージシャン&中神Fiores花。

音楽活動は「バンドでベースボーカルとしてスタートしたのですが、尊敬していた先輩から歌を勧められ専念することに」。20代は、ボーカリストとしてラテンやR&Bを始め数々のライブバンドを掛け持ちした。そんな中、音楽学校の立ち上げに関わり、今も続くボーカル講師を務める。

色合いにも人柄が出るアレンジメント

「講師歴は長くなり教え子も沢山。講師業は肌に合ってるみたい」。丸山さんは普段の語り口から声が良い。聞いていて安心する、人柄から湧き出る声だ。

「目の前の人を喜ばせたい」

学校卒業後、ヒッピー生活をすることが〝ロックだった〞世代。国立の一軒家を友人と借りて、暮らしたこともある。そんな中で高校生から続けていた花店のアルバイトで、今も恩師と仰ぐ社長さんと出会った。やがて生花店を開業する道を選んだのは、「人を楽しませたい。時間も空間も含めて喜ばせたい」という、音楽にも共通する想いだ。

「必ずカーネーションを2本買っていく方、菊を12本買う方。ピンクでも薄いピンクでないとダメな方。そんな常連さんの為に、ただ良い花を仕入れたいと思うし、相手のことを〝いの一番〞に考えたい。音楽を愛してやまない人間として、体当たりで生きていきたい。 そこには本業も副業も無くて、いつも歌い手として考えている気がする」と語る。

これからも丸山さんは次世代へ音楽の楽しさを伝え、地元で愛される花店の店主として、そこにいてくれると思う。

コラム執筆者

市民ライターKさん

西多摩を中心に熱い思いを持って地域で活躍され、地域に愛され続ける人々が数多くいます。
そんな人々をクローズアップするコラム「にしたま この人に会いたい」。
街プレ紙面を通じ、皆さまのご近所にいる素敵な方々との出会いの場を作ってまいります。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.