新着記事

森の演出家ツッチーと歩く Tokyo Mountain ~東京マウンテン~

コラム

 

暑さも残る9月ですが、水の冷たさやひんやりとした風、そして川の音を耳にし、涼を感じてみてはいかがでしょう? 今回は御岳渓谷でヨガを行いました。涼を感じやすい、お勧めの簡単ポーズをご紹介致します♪

 

御岳渓谷でヨガ体験「川辺で涼を感じるヨガポーズとは」

 

川辺ってゴツゴツしていて、どんなポーズが?とお思いでしょうが、スペースを上手く見つけられれば大丈夫。出来ます‼痛みが強くない程度であれば、逆に程よい刺激で天然のマッサージを体験できますよ。

 

安楽座(スカーサナ)

このポーズは基本的な座り方。お臍の真下、一直線上にかかとを揃えて座ります。手は軽く膝か腿の上。座骨をしっかりと大地に着けて、呼吸を静かに繰り返します。このポーズをする事で心身共に落ち着き、集中力が高まります。川の音に集中するのにピッタリのポーズです‼腰から背中が丸まりやすい方は、大きめの石をお尻の下に置いてその上に座る事をオススメします。そして、ひんやりとした風を感じましょう‼

 

子どものポーズ(バラーサナ)

正座から、吐く息と共におでこを大地へ。ただ、脱力していきます。お腹や背中にたっぷりと呼吸を取り入れて内臓や筋肉を内側からマッサージしていきます。このポーズは、疲労を回復してくれ、リラックス効果があります。もし、お腹周りが苦しい方は腿と腿の間を開いてその間にお腹を入れ込みましょう。また正座が出来ない方にオススメ‼究極のリラックスポーズがございます。

 

屍のポーズ(シャバーサナ)

ただ寝るだけなのですが、ヨガのポーズの中では一番難しいポーズと言われています。何処にも緊張がなく、脱力している状態は出来そうで意外と出来ていないものです。このポーズは、心身の緊張を取り除き、回復へと導くリラックスポーズです。

川の近辺で行えば、涼を存分に感じる事でしょう‼更には、石の刺激で背中や腰、後頭部のマッサージにもなりそうですね。

とは言え、炎天下の中で行う時は帽子を被ったり、小まめな水分補給。出来るだけ日陰を探して行いましょう。

コラム執筆者

ツッチー(土屋一昭)

JR御嶽駅すぐ裏手の古民家を拠点に、「自然を通じた癒し」をテーマに活動。奥多摩、青梅エリアの案内や、釣りガイド、ネイチャーガイドなどを精力的に行う。
青梅、奥多摩エリアのナビゲーター的な存在。

Copyright© 街プレ -東京・西多摩の地域情報サイト- , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.